HOME>家庭用トレーニングマシンの基礎知識>失敗しないマシン選びのポイント

失敗しないマシン選びのポイント

本ページではルームランナーや筋トレマシンなどはどんなものがおすすめなのか、その選び方にはどんなポイントがあるのかといった事柄について取りまとめていきたいと思います。

おすすめのルームランナーや筋トレマシンとは?その選び方は?

「業務用と家庭用の違い」のページでも述べています通り、ルームランナーやエアロバイク、筋トレマシンなどを選ぶ際は、ネット通販やテレビショッピングなどでよく見る、2~3万円程度の安い物は避けた方が賢明です。

「安物買いの銭失い」の諺どおりの結果となる可能性大です。

逆に、スポーツジムなどに用いられている業務用マシンや、業務用マシンのノウハウが活かされたハイスペックマシンであれば、性能や機能、スペック、耐久性、保証といった面において秀でており、長い目で見れば断然お得と言えるのです。この点を今一度、しっかりと踏まえておいてください。

では、その上で、そうしたハイスペックマシンの中から購入すべき機種を選ぶには、どうしたらよいでしょうか?トレーニングマシンというものは、自家用車や家電製品といったものに比べれば、メーカーのブランドや製品情報といったものが、まだまだ知られていないというのが現実です。

そうした場合には、以下の要素を鑑みた上で、メーカー・製品を選ぶ際の判断基準としてみてください。

メーカーとしての出自

創業年数やこれまでどの位の国や地域に導入された実績があるのか。トレーニングマシンを専門に手がけているか否かといった要素は大きな判断材料になります。

製品ラインアップの豊富さ

トレッドミル(ルームランナー)はもとより、クロストレーナー(ステッパー=足ふみ機器)、フィットネスバイク、マルチジムなど幅広い商品と手がけていれば、メーカーとしての実力や信頼度はより高くなります。

保証やサービスの充実度

高価な製品ゆえに、保証の有無はしっかりとチェック。
1年保証が付帯しているか否かが大きな分かれ目と言えます。また、購入者向けのサービス窓口を設置しているかどうか、修理が必要となった場合のサポート体制はしっかりしているかといった要素も重要です。

機能とコストパフォーマンス

前述の通りトレーニングマシンはハイスペックが望ましいものの、高価すぎるのも考えものです。
機能の充実度合いと価格のバランスがしっかり取れているかが重要です。
例えばトレッドミル(ルームランナー)には50万円以上というものも存在していますが、さすがにこれは個人で購入するにはオーバースペック。10万円~20万円程度で、価格に見合った機能が付帯しているものなら狙い目といった感じです。

以上のポイントを踏まえた上で、また本サイト「【目的別】自宅トレ―ニングマシンおすすめBEST3」や「家庭用トレーニングマシンの人気メーカー一覧」の各ページなども参考にしながら、マシン選びにお役だてください。

この記事の関連のページ

↑