ライフフィットネス

本ページでは、家庭用フィットネスマシンブランドである、ライフフィットネスについて取り上げ、メーカーの特徴や、人気の商品、ユーザーの口コミ評判、会社概要などを取りまとめてご紹介していきたいと思います。

アメリカ発ブランドの家庭用フィットネスマシン、ライフフィットネス

ライフフィットネスは、アメリカはイリノイ州ローズモントを本拠地とするフィットネスマシンメーカーになります。およそ45年前、世界で初となるコンピューター制御システムを搭載したエアロバイクを開発したとされており、常に業界のスタンダードとなる先進の製品を作り続けていると大きく訴求されています。

実績面においても世界120ヶ国にサービス提供を実施。日本においても100%本国出資の現地法人として、ライフ・フィットネス・ジャパン株式会社が設立されており、販売・サービスを担っています。

そんな同社が提供するフィットネスマシンは、率直に言ってしまえば、業務用のハイスペックモデルがズラリという趣。

トレッドミル、クロストレーナー、エアロバイク、マルチジムはいずれも豊富にラインアップされていますが、いずれも50万円前後、あるいはそれ以上の価格となっており、なかには100万円超というものも。

プロアスリートが求めるハイスペックマシンのブランドという趣になります。

そうした出自ゆえに、トレッドミル、エアロバイク、クロストレーナー、ジムシステムなどの各製品で家庭用のホームユース用として紹介されているものはそれぞれ数機種ありますが、いずれも高価でハイスペックなものばかり。エアロバイクなどは、家庭用として紹介されているものが、業務用より高額といったケースさえあります。

そうしたことからも、同ブランドにおいては、家庭用/業務用という区別は一応されているもののあまり意味はなく、あくまでスペックと価格の折り合いを見て選ぶというやり方が正しそうです。

参考までに、家庭用として紹介されているトレッドミルは、時速0.8kmから時速19kmまで対応。走行面は56 cm×153 cmで、ユーザーの体重は182 kgまで対応可能。

それこそ力士やプロレスラーまで使用可能というスペックです。もちろん多彩な運動メニューやプログラムにも対応しておりiPodなどの音楽プレイヤーも接続可能。

さらには走行面の固さも3段階で調節可能という特徴まで備えています。気になるお値段は594,000円。これが安いか高いかは、ユーザーひとり一人が判断することですが、使い手を選ぶマシンであることは間違いないでしょう。

なお保証についても他ブランドとは一線を画しており、モーターやフレームなどは10年、電子部品などは7 年、コンソールパネル3年といった具合に、部品や部位によって異なりますが、長期保証が付帯しています。

ライフフィットネスの自宅トレーニングマシン購入者の口コミ評判

  • 「スポーツジムにあるようなものと同じ感覚で、本気で走っても後ろから転げ落ちない安心感があります。家庭用としては、とても高価な部類でしょうが、それだけの価値はあるかと思います」30代女性 トレッドミル購入者
  • 「実際に走ってみて、アスファルトやコンクリートの上を走るよりも足への負担が少ないと感じられました。走行面が広いので、思いっきり走っても不安がないという点も気に入っています」50代 男性 トレッドミル購入者

DATA

  • ライフ・フィットネス・ジャパン株式会社
  • 所在地:東京都港区南青山4-17-33
  • 取扱いマシン:トレッドミル、クロストレーナー、エアロバイク、マルチジムなど
  • 保証:部品や部位によって異なる。1年~10年

この記事の関連のページ

↑