ヤマトヒューマン

本ページでは、家庭用フィットネスマシンを手掛けるヤマトヒューマンについて取り上げ、メーカーの特徴や、人気の商品、ユーザーの口コミ評判、会社概要などを取りまとめてご紹介していきたいと思います。

家庭用フィットネスマシンのヤマトヒューマンの特色とは?

ヤマトヒューマンは2008年、奈良県奈良市都を本拠に設立。

大阪には営業所、東京には営業所とショールームも展開しています。

同社は、健康機器や介護用品の輸入・販売を手掛ける業者となっており、とりわけリハビリの現場で使用される機器を医療機関に納入しており、当該の展覧会や展示会などへの出展も積極的に行なっています。

 例えば同社が注目の機器として大きく訴求しているのが、ダブルベルトウォーカー。

簡単に言えば、左右に独立した歩行ベルトを備えたウォーキングマシンで、患側と健足それぞれに適した速度で歩行訓練ができるというものです。

またオプションとして、リハビリ患者をハーネスで支える専用リフトも装着可能。医療現場の声を活かしてうまれた最新機器とアピールされています。

この他、リハビリ用のレッグカール機器やエアロバイクなどを医療機関向けに幅広く供給しています。

そうしたノウハウを活かし、同社では家庭用フィットネスマシンも取扱い。

例えば時速0.3km~6kmで体重100kgまで、連続使用60分、心拍数計付きという電動ウォーカーが4万円弱。

ランニングマシンは、走行面が40×120cmで時速0.3km~12kmまで、体重100kgまで、連続使用60分、斜度は0°と5°の2段階調整可能、心拍数計付きというスペックで10万円弱というお値段です。

生産国は中国で、1年間の保証付きとなっています。 

エアロバイクについても、耐荷重90kgまでのローエンドモデル3万円弱というものから、背もたれ付きで心拍数に合わせてペダル負荷を自動的に調整する機能付きのもの(9万円)といったものまでが揃っています。

クロストレーナーは耐荷重90kgまでの入門者向けが7万円、耐荷重125kgまでで心拍数に合わせてペダル負荷を自動的に調整する機能付きのものが15万円弱となっています。

その他、油圧負荷式でレッグカールやチェストバタフライなど12種類の運動に対応するマルチジムが4万円台半ばとなっています。

以上の通り、ヤマトヒューマンの家庭用フィットネスマシンはリハビリ用を得意としている出自もあり、どちらかといえば入門者向けのスペックのものがメインという感じになります。

ただしメーカー保証はキチンと付帯していますので、品質の面では一定レベルにあると期待してよいでしょう。

ヤマトヒューマンの自宅トレーニングマシン購入者の口コミ評判

  • 「3万円以下の安価タイプですが、時速5kmのウォーキングに使うには必要十分です。サイズ的にも身長174cmの自分でも問題はありません」30代男性 電動ウォーカー購入者
  • 「怪我のリハビリ用に安価なものを探していて、こちらにたどり着きました。時速0.3kmに対応していて3万円以下なら満足です。敢えて言うならベルトの質感が残念ですが、値段を考えれば我慢できるレベルです」20代男性 電動ウォーカー購入者

DATA

  • ヤマトヒューマン株式会社
  • 所在地:奈良県奈良市都祁吐山町2668-1
  • 取扱いマシン:電動ウォーカー、電動ランニングマシン、クロストレーナー、エアロバイク、マルチジムなど
  • 保証:1年

この記事の関連のページ

↑